愛媛県松山市古川西の交通事故治療・腰痛・むちうちの治療院|さつき整骨院 > ブログ > UONOME

UONOME

2015-01-21

今回のタイトル

「なんやこれ!?」と思われた方がいるでしょう。

「UONOME」 つまり 「うおのめ」です。

今回は「うおのめ」について。

 

「うおのめ」とは「魚の目」と書き、魚の眼のような芯が出来るからそう呼ばれるのですが、

専門用語では「鶏眼(けいがん)」と呼ぶみたいです。

「にわとりかよっ!?」って思わずつっこんじゃいましたが。。

まっ、とにかくこの「うおのめ」は足に出来るとすごく痛みます(>_<)

わたくしホリホリも左足に出来ております。

そして走ると痛みが出ておりましたし、押さえると圧痛が強かったです・・・

けっこうほったらかしにしていたのですが、去年から走ること多くなって痛みがきつくなっていました。

そんな折に、以前ブログでも書いたムスメのケガの治療でしばらく皮膚科に通っていました。

そこで、ついでに私も診てもらいました。

すると、ものすごく切れ味の鋭いカッターのようなもので硬い部分をサササッと削ってくれました。

芯は残っているものの、痛みはとりあえずなくなりました。

「また硬くなったらおいで」とのこと。

「あのカッターのような鋭いやつ、めっちゃ欲しー」と思いました!!

削ってる時、全然痛くなかったんすよ(^^) 手に入ったら、自分でやるのに・・

まっ、そんなことは置いといて。。

 

今回は患者さんから頂いた声でこんなのがありました!!

ってことを書こうと思いまして(^^)

もちろんタイトルどおり「うおのめ」のことです。

定期的にずっと来られていた患者さん(女性 元々は別の症状にて来院)で、

あるふとした時の会話で、

「実は私、前はすごい魚の目に悩まされていたんです・・

 でも、矯正をするようになって魚の目が治ったし、出来なくなったんです(^o^)」

というお言葉を頂いたのです!!

矯正でバランスを整えることでこういう可能性もあるんだなということを実感した瞬間でした!

もちろん絶対治りますとは言いませんが、こういう悩みにも対応できたというのが嬉しかったですね★

 

この他にも、うおのめではありませんが、足の裏に痛みのない角質が出来ることに悩んでいた患者さんについて。

来院当初は片方の足にやたら体重がかかっている気がするとおっしゃっていました。

そして、2,3回の矯正後には、「両脚にしっかりと体重が乗っているのが分かる」と喜ばれていました。

そして角質化していた部分もなくなったと言われていました(^^♪

 

患者さんで最も多いのは腰痛や頚痛などではありますが、

このような足の裏で悩んでいた患者にも喜んで頂いています☆

「こんな症状で行っていいのかな??」と思わず、なんでも相談してください!!

歪みを整えると、案外良くなることが多いです。

是非、ご相談くださいね!!

 

ホリホリも矯正したいのですが、院長は忙しそうなのでなかなか言えなくて・・・

また今度、院長矯正宜しくお願いします<(_ _)> (ブログで言う事かいっ!?)

 

 

 

 

 

 

診療時間

Copyright© 2014 愛媛県松山市古川西の交通事故治療・腰痛・むちうちの治療院|さつき整骨院 All Rights Reserved.